ビタミンB

脳の働きを活発にするためには、炭水化物や糖質が必要です。そして、これらをエネルギーに変える役目を果たしているのがビタミンB1です。ビタミンが不足すると、疲労や倦怠感がなかなか消えません。また、ビタミンは脳の精神安定を図る効果も期待できます。しかし、ビタミンB1は、非常に水に溶けやすい栄養素です。そのため、たくさん摂取して体にためておくということができず、頻繁に摂取しなければなりません。どのくらいの頻度で犬用サプリメントを与えるべきか、獣医師などに確認しましょう。


太り過ぎた犬には、ビタミンB2です。ビタミンB2は脂質を代謝させるために必要不可欠なものです。できれば肥満になる前に摂取させておいた方がいいかもせれません。肥満だけでなく、健康な皮膚や毛を作り、体全体の抵抗力を高める働きもあります。さらに、ストレスの多い場合や妊娠中などにもおすすめです。ビタミンB2と一緒にビタミンCを摂取するとより効果が表れると思います。


ビタミンB6には、免疫力を高める効果があります。免疫力を高めることで、アレルギー対策にもなるそうです。特に、食事に肉や魚といった動物性タンパク質や脂肪が多く含まれているケースでは、ビタミンB6を多めに摂取すると良いでしょう。神経系の障害を引き起こす危険性があるため、摂りすぎには気をつけてください。免疫力の工場のほか、アレルギー症状の改善、口内炎、舌炎、神経症状などにも効き目があるそうです。