サプリメントの飲ませ方

愛犬の健康のために、犬用サプリメントを飲ませたいと考える人もいるでしょう。それと同時に、犬がなかなかサプリメントを飲んでくれなくて苦労している人もいるのではないでしょうか。


愛犬がサプリメントを飲むときに嫌がらないようにするには、いくつかポイントがあります。まずは、幼犬のころから口の中に手を入れて慣らしておき、サプリメントを飲むときの抵抗を少なくすることです。サプリメントに限らず、ペットは歳をとるにつれて薬を飲まなければならない可能性は高くなります。ですので、錠剤やカプセル、粉薬などの与え方を覚えておくと良いでしょう。


錠剤やカプセルを犬に飲ませるときは、片手でアゴをしっかりと持ち、もう片方の手で口を開ける。このとき、犬の唇で上の歯を包み込むようにするのがコツです。こうすれば、犬が嫌がっていても自分の唇を噛んでしまうので、口を開けてくれます。錠剤やカプセルは、飲み込みやすいように口の奥の方に置きます。置いたらすぐに口を閉じ、鼻先を上に向けますが、これだけでは飲み込みづらいので、のどを優しく撫でてあげるのがおすすめです。愛犬の好きな食べ物に包んで飲ませるという方法もあります。


液体のサプリメントを与える際は、スポイトや動物病院で手に入る針なしの注射器を使います。片手で鼻先を持ち、少し持ち上げるように押さえます。もう片方の手にスポイトや注射器を用意。唇の端の方を少しまくり上げ、犬歯の後ろの噛み合せの隙間から流し入れます。勢いよく流れないように気をつけましょう。