コラーゲンとプロテイン

コラーゲンと聞くと、美肌といったイメージが思い浮かぶのではないでしょうか。特に、女性の場合は意識して摂取している人もいると思います。実はコラーゲンは人間だけでなく動物の体内に最も多く含まれるタンパク質なのです。コラーゲンには体の弾力とハリを保ち、丈夫な体をつくって若さを維持する効果があります。


コラーゲンの量は加齢とともに減少していくのが一般的です。コラーゲンが減少すると、皮膚の弾力性や伸縮性がなくなっていきます。犬用サプリメントで鉄やビタミンCもコラーゲンとあわせて摂取すると良いでしょう。


丈夫な筋肉をつくるために必要となるのがタンパク質です。タンパク質の摂取にはプロテインが最も良いと思いますが、プロテインには動物性と植物性の2種類があります。動物性のプロテインが含まれる食材は肉類、牛乳、卵などが一般的です。植物性のタンパク質であれば、「畑の肉」ともいわれる大豆がおすすめです。


また、最近、注目されているタンパク質に、乳清タンパク質というものがあるそうです。これは牛乳からチーズを作り出すときにできるタンパク質で、必須アミノ酸をすべて含んでいるという特徴があります。また、低脂肪で吸収率がいいことも大きなメリットでしょう。


摂取したプロテインは、そのすべてが筋肉に変わるわけではありませんので覚えておきましょう。余ったプロテインは体内で体脂肪になったり、腎臓に負担をかけたりするので気を付けなければなりません。